初心者の為のお役立ちサイト、疑問や悩み解決!

写真に位置情報を付加させない設定方法

写真に位置情報を付加させない設定方法

 最近のスマートフォンに代表されるiPhone等には、
GPS機能が搭載されていますので、カメラで撮影されますと、位置情報が
ジオタグとは、主に写真データに付加される追加情報(タグ)で、 緯度と経度の数値を含めたもの。」が写真に付加されてしまいます。

最近では、この位置情報「ジオタグ」から、SNS等のサービスにアップした写真から自宅の位置情報を判別されてしまった等の危険性が指摘されています。
ですが、位置情報サービスがすべて悪いと言うことではなく、自分の趣味の写真として、
管理している方にとっては、撮影位置が分かると撮影地ごとの管理など出来て便利なのですが。

Macをお使いの方なら、プレビューから「ツール」-「インスペクタを表示する」を選んで、
「詳細情報インスペクタ」から「GPS」を選ぶと、世界地図」が表示されます、
その下にある、「場所を確認」ボタンを押すとGoogleマップが表示され撮影場所が表示されます。

位置情報サービスすべてをオフにすると、せっかくのGPS機能を使ったサービス(ナビ等)が使えなくなるのももったいないですね。
そこで、カメラの位置情報サービスだけをその都度、オン、オフ出来る設定があります。
「設定 > プライバシー > 位置情報サービス > カメラ 」をオフにします。

これで、普段はカメラだけ「位置情報サービス」をオフにしておけば安心して日常の撮影を楽しめますね。

どうしても、位置情報サービスを含めて撮影したい、又は撮影した写真から、
撮影地情報等を削除したい方は、位置情報削除アプリ等の購入をおすすめします。
位置情報削除やジオタグ削除などの検索キーワードで検索するとお好みのアプリが見つかると思います。

コメント


認証コード7389

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional