初心者の為のお役立ちサイト、疑問や悩み解決!

iPhoneでスナップ|iPhoneの画角

iPhoneでスナップ|iPhoneの画角

写真日常のスナップ撮影に適したiPhoneの画角について

iPhone 4から4Sになって、カメラのレンズの明るさf値がf2.8からf2.4になりました。
現在、発売されています、iPhone 5も同じf2.4のレンズを採用しています。

Appleは、以前よりより明るいレンズを採用してきています。
明るいレンズを用いると、暗い所でも美しい写真を撮ることが出来ます。
明るいレンズのメリットは、シャッタースピードを上げる事が出来る、
なので、ISO感度を低く設定出来る事で、ノイズ(ざらつき)の少ない美しい写真を撮ることが出来ます。

そして、画角なんですが、写真のExif情報をみますと35mm換算で35mmの広角を採用しています。
実際には、もう少し広角でおよそ32mmです。

このぐらいの広角が日常撮影では結構使いやすいですね。

一眼レフの標準画角は、35mm換算で50mmなんですね、
人間の自然な視線に近いとされる画角だそうです。

それに比べると、
最近のコンパクトデジカメなどは、28mmなどの広角を採用した機種が増えて来てます。

旅行などで、風景を綺麗に収めるには広角のデジカメは便利ですね。

コメント


認証コード6321

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional